プロバイダ比較おすすめランキング

NTTコミュニケーションズ株式会社

月額料金
ファミリー:5,100円
マンション:3,600円
OCN 光 キャンペーン
新規の方
ファミリー:12ヶ月1,450円引き
マンション:12ヶ月800円引き
乗り換えの方
ファミリー:12ヶ月700円引き
マンション:12ヶ月400円引き


おすすめポイント
光の会員数が最多のOCN、安定した品質

NTTと兄弟会社ということもあり、安心出来るということから会員数も多く信頼あるプロバイダ。
回線の品質も良く、サポートにも定評があります。
大手ながらマンションタイプは最安クラス。
今ならキャンペーンにより、更にお得となっています。

ビックローブ株式会社

月額料金
ファミリー:5,180円
マンション:4,080円
ビックローブ 光 キャンペーンp
新規の方
標準工事費相当額値引き


おすすめポイント
複数のメールアドレスが魅力

おすすめ点はメールアドレスが5つも持てる事で、これなら使い分けが出来ます。
キャンペーンは、工事費相当分の高額キャッシュバック。
最初は安めに始められますが、マンションタイプは少し割高です。

エキサイト株式会社

月額料金
ファミリー:4,360円
マンション:3,360円
excite 光 キャンペーン
新規の方/乗り換えの方
なし


おすすめポイント
プロバイダ月額利用料が業界最安値!

月額利用料が業界最安値のexcite光
フレッツ時代も安かったですが、コラボ光になって更に安くなりました。
その秘密は、オプション料金を全て有料にしているから。
メールも有料ですが、それでも最安値クラスに。値料金を抑えたい方にオススメです。

ニフティ株式会社

月額料金
ファミリー:5,200円
マンション:3,980円
DTI 光 キャンペーンp
新規の方
月額料金割引
ファミリー:24ヶ月700円引き
マンション:24ヶ月540円引き
乗り換えの方
(@niftyでフレッツ光を利用の方)
事務手数料:無料
その他
auセット割・毎月最大1,200円引き


おすすめポイント
老舗ならではの安心のセキュリティ

有料ではありますがセキュリティ面も充実、大手らしく、安心・安全に利用でき、いざという時のサポートにも定評があります。
こちらも新規の方は大幅割引なのですが、割引期間が終われば、料金は少しお高めに。
auユーザーなら、セット割が魅力になります。

ソネットエンタテインメント株式会社

月額料金
ファミリー:5,700円
マンション:4,600円
So-net 光 キャンペーン
新規の方
標準工事費相当額値引き
乗り換えの方
月額料金割引割引


おすすめポイント
エンタティメント性に富んだプロバイダ

ソニーの子会社が運営しており、エンタティメント性に富んだ個性派プロバイダになっています。
ですから、回線品質的には問題ないのですが、好き嫌いが分かれるところ。
料金は高めですが、そこは長期割引でカバーしています。

光回線でスマホの負担も減らす

光回線の魅力はなんと言っても、スピードの速さと安定、使い放題

これがどれ位魅力かをスマホを例にあげると、

ネットをしていると遅くてイライラした経験があなたはありませんか?
特に、朝の通勤ラッシュ・お昼・夕方から夜にかけてのピーク時は使い物にならない時もあります。

そして何よりも気になるのが、通信制限

契約の通信容量分を使い切ったり、3日間で既定のデータを使った場合に通信制限にかかるのですが、こうなると使っていてもストレスが溜まる一方ですね。

最近は、スマホ1台でアニメや映画が見放題、またLINE MUSICなど音楽が聞き放題の配信サービスも多くなり、便利なサービスには、ますます通信量がかかる始末です。

しかし!

光回線だと、これらを気にする必要はありません。

Wi-Fi環境にすれば、スマホもガンガンつないで楽しめます。
動画を幾ら見てもOKですし、オンラインゲームもやり放題!音楽も聞き放題です。

もちろん、Wi-Fi接続ですから通信制限の心配もありません。

なかなか夢が広がります。

魅力あるサービスが増える中、これらを利用するとどうしても通信量を食いますので、光回線と上手に使うのもいいですね。

光コラボが断然お得!

今、フレッツ光のサービスをそのままに、月額料金が安く使える光コラボが断然お得!
料金が高いイメージのある光回線ですが、光コラボになる事で、より利用しやすくないました。

実際にどれ位安くなったかを「会員数No.1のOCN」で比較してみましょう。

フレッツ時代は・・・

NTT東日本
ギガファミリー/ギガマンション・スマートタイプ

タイプ プラン プロバイダ NTT料金
月額料金
ファミリータイプ 標準 1,100円 5,000円 6,800円
マンションタイプ ミニ 650円 4,250円 4,900円
プラン1 900円 3,650円 4,550円
プラン2 900円 3,250円 4,150円

NTT西日本
スーパーハイスピードタイプ 隼

タイプ プラン プロバイダ NTT料金
月額料金
ファミリータイプ 標準 1,100円 4,300円 5,400円
マンションタイプ ミニ 810円 3,950円 4,230円
プラン1 3,250円 4,060円
プラン2 2,850円 3,660円

表示料金はOCN「2年割」、NTT東日本「にねん割」またはNTT西日本「光もっと割」適用後1、2年目の料金となります。

これが、光コラボだと・・・

OCN 光

タイプ 月額料金
OCN 光
ファミリータイプ 5,100円
マンションタイプ 3,600円

シンプルで分かりやすい!
しかも、フレッツは割引適用料金ですがそれでも光コラボには及びません。

それ位、料金が安いということですね。

フレッツ光を提供しているプロバイダも、自社の光コラボにシフトチェンジしているので、これから利用する新規の方はもちろん、フレッツ時代のプロバイダを今でも使っている人は乗り換えることで光回線がお得に利用できます。

新規の方が光コラボに加入する前にチェックしておきたいこと

実質の料金値下げとなり、「光回線を使ってみようかな~」と思った人もいるのでは。

ただし、プロバイダによって月額料金やサービスに違いがあります。
また、新規加入の方を対象としたキャンペーンや初期工事費という別途にかかる料金にも違いがあるのでまとめていきたいと思います。

“新規の方が光コラボに加入する前にチェックしておきたいこと” の続きを読む

業界最安値!|BB.excite

エキサイト株式会社


公式ページへ

月額料金
ファミリー:4,360円
マンション:3,360円
excite 光 キャンペーン
新規の方
10,000円キャッシュバック
乗り換えの方
初期費用0円

おすすめポイント
プロバイダ月額利用料が業界最安値!

月額利用料が業界最安値のEXCITE光
コラボ光で、更に激安に。

しかし、安くてもサービスが悪ければ意味はありません。
その点、伊藤忠グループであるエキサイトの運営ということもあり、サポートも安心です。

ただし、月額利用料以外のオプションサービスには、すべて料金が掛かります
メールアドレスも有料なのですが、スマホのメールやフリーメールがあるのでそう不自由しないのでは。

新規の方は、1万円のキャッシュバック。
ただでさえ安くなったコラボにキャッシュバックはつきにくいのでお得に。

乗り換えの方も、この料金で利用できます。
他のプロバイダからの乗り換えは、あまり優遇されないのですが、こちらは同じ値段で利用可能。

exciteは太っ腹ですね。

メールはフリーメールでもかまわない、パソコントラブルもある程度なら自分で処理できるという方には、

コスパ的に大変魅力の高いプロバイダになっており、 光回線がこのお値段で利用できるというのは、かなりのオススメです。

インターネットを安くするなら【excite光】で決まり!

安心・安全プロバイダ|@nifty

ニフティ株式会社

公式サイトへ

月額料金
ファミリー:5,200円
マンション:3,980円
DTI 光 キャンペーンp
新規の方
月額料金割引
ファミリー:24ヶ月700円引き
マンション:24ヶ月540円引き
乗り換えの方
(@niftyでフレッツ光を利用の方)
事務手数料:無料
その他
auセット割・毎月最大1,200円引き

おすすめポイント
高額キャッシュバックが魅力、

@niftyといえば、老舗の大手プロバイダです。
特徴は、メールアドレスが5つ(ご本人+4人分)持つことができ、メールを一時的に保存できるメールボックスは5GBメールボックスは5GBと大容量な事。
また、大手らしく、安心・安全に利用でき、いざという時のサポートにも定評があります。

キャンペーン内容は、新規・乗換えと共に割引アリ。
auスマホ・auタブレット・auケータイをどれか1つでも持っていれば、最大毎月1,200円の割引になるauセット割もあります。
これはSo-netでもある割引なのですが、セット割で選ぶならこちら。

それ以外は、もっと安いプロバイダもあるのでそちらを検討してみては。

@nifty光、お得なキャンペーン中!

フレッツ光ライトについて

フレッツ光は、ネットをあまり使わないライトユーザーの方におすすめの二段階定額サービス「フレッツ 光ライト」も提供しています。
このサービスの特徴は、今までの完全定額制ではなく、使った分だけを支払う従量制になったという事。
具体的には、二段階定額を設けており、最低金額は2,940円、これを超えると10MB毎に31.5円(西日本エリアは29.4円)の料金が積み上げられ、上限金額が東日本エリアで6,090円、西日本エリアで5,880円になっています。
つまり、月に支払う金額は、2,940円~6,090(5,880)円の間という事。

ここで知りたいのは、「今まで使っていた定量制より、お得か?」という事です。
右図を見てもらえば分かるのですが、1,000MB(西日本エリアは970MB)を超えなければ新サービスの方がお得ということになります。
しかし、月に1,000MBの利用量といっても、なかなかイメージできません。

実際、1,000MBとは具体的にどれくらいの目安なのでしょうか。

1,000MBの目安

もし、高画質(ビットレート2.5Mbpsで換算)の動画を視聴するなら約50分、低画質(ビットレート512Kbpsで換算)の場合でも、約4時間20分が1,000MBの目安になります。
普段からyoutubeなどの動画を視聴する人にはキツイ設定ではないでしょうか。
では、普段から動画を余り視聴しない方は、ホームページの閲覧、メールの受送信の目安を下の表にまとめてみましたので参考にしてください。

利用用途 1ヶ月間の利用量 週末のみ利用した場合 毎日利用した場合
光ライト最低料金分
月額2,940円(200MB/月)
ホームページ閲覧 約200ページ 約25ページ/日 約7ページ/日
メール受送信 約2000通 約250通/日 約65通/日
動画視聴 高画質 約10分 約1分/日 約20秒/日
低画質 約50分 約7分/日 約2分/日
光ライト1000MB分
月額5,460円(1000MB/月)
ホームページ閲覧 約1000ページ 約125ページ/日 約33ページ/日
メール受送信 約1万通 約1,280通/日 約340通/日
動画視聴 高画質 約50分 約7分/日 約2分/日
低画質 約4時間20分 約30分/日 約8分/日


この表から判断すると、Window Updateとウイルスソフトの定義ファイルの更新だけで200MBは超えてしまう可能性があるので、最低金額の2,940円で収めることは難しいのではないでしょうか。
となると、いかに1,000MB以内に抑えるかがポイントとなりますが、ストリーミング動画視聴、ネットで映画や音楽をレンタル・購入する方には、あまりおすすめできません。

ストリーミングもほどほど、普段あまりネットもしないという人には、かなり魅力的なサービスですが、それ以外の方は定量制の方が良さそうです。

加入はプロバイダから

フレッツ光(「フレッツ 光ネクスト」と「Bフレッツ」の総称)をNTT公式ページから申し込む場合、プロバイダも契約しなければインターネットは出来ないので、回線とプロバイダ契約が同時に申し込めるプロバイダパックにする方が多いと思います。

このプロバイダパックでもキャンペーンは行っていますが、プロバイダからの申し込む方が同条件でもお得の場合があります。

例えばプロバイダにBIGLOBEを選択すると・・・

NTT公式ページのプロバイダパックを申し込んだ場合

BIGLOBEキャンペーン特典
月額利用料945円
開通月+11ヶ月無料
11,340円のお得
フレッツ光キャンペーン特典
月額利用料2,992円
4ヶ月または2ヶ月無料
最大11,968円のお得
最大23,308円のお得

BIGLOBE公式ページからを申し込んだ場合

BIGLOBEキャンペーン特典
月額利用料945円
最大3ヶ月無料
27,000円キャッシュバック
最大29,835円のお得
フレッツ光キャンペーン特典
月額利用料2,992円
最大3月無料

最大8976円のお得

最大38,811円のお得

これは、アパートなどの集合住宅の場合で、月額利用料が高い戸建の場合だとさらにお得になります。

この様にプロバイダから申し込んだほうがお得になることがお分かりいただけたと思います。
もちろん、他のプロバイダからの申し込みでもお得になる場合が多数ありますが、BIGLOBEからの申し込みがオススメです。

あなたのフレッツ光の料金は?BIGLOBEで調べてみよう!